電源ユニットが、安定的に良質の電気を供給してくれることで、ハードウェアの動作は安定します。昨今は、パソコンの性能が向上したために、電源の安定性がより重要視されるようになっています。電源の容量は充分確保しておく必要があります。

パソコンショップで電源ユニットの容量を見ると、450ワットから600ワットのものが主流となっています。電源の容量が不足すると、自作パソコン内部の様々な部品が、破損する可能性もあります。また、同じ容量の電源ユニットでも、価格には大幅な差があります。

電源ユニットの音は、パソコンの動作音の中でかなりのウェイトを占めますので、電源ユニットを選ぶ際に「静音」を特徴としているものを選ぶのも、良い方法です。