スルガ銀行デンタルローンのメリットとデメリット

歯列矯正って保険外治療になってしまうので治療費が高いなので治療への決心がつきにくいですよね。

高額な治療費だからこそ使えるシステムは活用しましょう。

デンタルローンはインプラント治療などを勧められた時にいくら治療費が必要かの見積もりを出してもらえるので見積もりに対して借入額をどうするか、また、どれくらいの期間で返済するのかを各ローン会社のHPでシュミレーションをしましょう。

また、年間で治療費を10万円以上支払った場合には、確定申告時に申告をすることで還付ができますので忘れずにしましょう。

加齢とともに気になってくるのが歯の悩みです。

例えば、歯が抜けてしまった場合、ブリッジにするのかインプラントに悩みますよね。

でも他の治療方法と比べてどんな違い、メリットがあるのか知っている人は少ないと思います。

抜け歯治療の代表的な方法としてブリッジがあります。

失った歯があった部分の左右の健康な歯を支柱にして「橋」をかけるように義歯を入れる治療法です。

インプラントは、歯を失った部分に人工の歯根となるネジを固定し、その上に人工の歯を取り付けます。

他の歯に負担をかけないので長期的にはこちらがいいようです。

土台となる歯が2年以上健康かなど条件付きで保険適用可能なブリッジにするか高額だけど他の歯に影響がないインプラントにするか悩みますね。

費用の準備が大変という方は金融機関が取り扱っているデンタルローンを検討してみてください。

高額な治療にかかる費用を立替払いするデンタルローンですが、どんな信販会社や銀行機関が行っているのでしょうか。

調べてみると、クレジット会社としてはアプラス、銀行機関としてはスルガ銀行が特に有名なようです。

申し込みにかかる時間や借入できる金額など各ローンによって内容が違ってくるので、行っている病院が提携しているローンや様々なローンのwebサイトを確認して自分に合ったローンを見つけてください。

ローンで分割にしても年間10万円以上の医療費を支払った場合、医療費控除の対象になりますので、自治体・行政などの控除などの条件もチェックしておきましょう。

「芸能人は歯が命」という言葉があるくらい芸能人の歯は白くて綺麗ですよね。

実は、ホワイトニングや審美治療を受ければなのでみなさんもホワイトニングを行えばあの白さが手に入るかもしれないということです。

ホワイトニングは専用の薬剤を使用するため知覚過敏を起こしてしまったり定期的に治療しなければ白い歯を維持できません。

ホワイトニング以外の方法として審美治療があります。

歯の表面を削って付け爪のような薄い素材の歯型を貼り付ける「ラミネートベニア」という方法や他にも、セラミックやジルコニアでできた歯をかぶせる「セラミック」といった方法があります。

ホワイトニングと比較すると耐久年数が長いことがメリットですが費用は保険適用外になるため高額になりやすいのでデンタルローンの利用をお勧めします。

デンタルローンという言葉を聞いたことはありますか?どういったものかというと信販会社が患者に代わって病院に治療費を立替払いし、患者はカード会社に治療費+手数料を分割で返済するローン制度のことです。

マイカーローンなどを想像してもらうとイメージしやすいと思います。

そのため、デンタルローンを借りるには、他のローンと同様に申し込みに対して「審査」に合格する必要があります。

審査に通りやすいのは今まで借りてきたローンの返済や水道料金などの支払いに遅れがない人が多いようです。

肩こりや頭痛がひどい、でも原因がわからなくてお困りの方。

もしかしたら、原因は噛み合わせが悪いからかもしれないです。

そう思って、歯科医院に行ってみたら治すのに高額な費用がかかることがわかって躊躇してしまう方もいるようです。

そんなにすぐ、パートの自分にはそんな費用は用意できないでは、パートの方も利用できるデンタルローンを探して利用してみるのはどうでしょうか。

ただ、ローンを組む際にの注意点として、ローン会社は「安定した収入」であるかを確認されるので審査時に不利に見られることがあります。

確実にローンを組みたいのならば、「安定した収入」のある配偶者名義で申し込みをした方が審査にいいようです。

歯が抜けてしまってインプラント治療を受けたい、でも、高額な費用をすぐに準備できない。

という時に歯医者でデンタルローンの活用を提案されることがあります。

審査なしで利用できるローンというものはないので必ず審査が行われます。

では、審査基準はどういったところを重点的に見られているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方が利用しようと考えた場合、親名義で申し込む、もしくは法定代理人の同意書が必要になります。

他には、ローン返済の延滞が繰り返されていないかなど、クレヒスと呼ばれるものを確認しています。

また、専業主婦などご自身に収入のない方が申し込む場合は保証人が必要になることもあります。

子供の頃から歯並びが悪いことがコンプレックス、噛み合わせが悪くて治療したいという方は多いはず。

でも矯正費用を調べてみると高額で諦めている方、デンタルローンを検討してみてはどうでしょう。

デンタルローンとは、使用できる範囲を「歯科治療費」に限定した立替払制度です。

信販会社が患者に代わって治療費を立替払いし、患者はカード会社などに治療費+金利を分割で返済するローン制度のことです。

また、ローンを利用する際には利用したいローン会社に対応している歯科医院と対応していない場合がありますのでHPなどでご確認ください。

空きっ歯なのがコンプレックス、歯並びが悪くて人前で笑うとき人の目を気にしてしまうなど歯の悩みを持っている方もいます。

歯並びをよくしてコンプレックスから解放されてみませんか?でも、歯列矯正って高額な費用がかかるイメージですよね。

現金が用意出来ない場合、デンタルローンを利用して分割払いという方法もあります。

いきなり歯科医院で審査をするのって情報がうろ覚えだったり規約や金利の確認をしておきたいし少し抵抗がありませんか。

申し込む前に事前に各ローン会社のサイトで仮審査を行っておくのがおすすめです。

かかりつけの歯医者の提携している、または使いたいローンのサイトで事前審査に通過後、歯医者で再診をし、そのときに正式申込で完了になります。

運動をする際に歯並びが悪いと、顔の筋肉のバランス、筋肉のバランスが崩れるため、パフォーマンスが下がると言われています。

子供に習い事をさせている親御さんは気になりますよね。

歯並びを改善させるためにデンタルローンを利用して体のバランスを正しパフォーマンスをフルに発揮させてあげましょう。

では、どういった期間がローンを取り扱っているのでしょう。

一例として、オリコの場合では借入できる金額は10万円から500万円、支払い回数が6から60回に設定できます。

申し込みもネットで完結し、審査時間も最短3分となっています。

治療プランにあったデンタルローンを見つけてください。

「自営業でもデンタルローンは組めるの?」インターネットを見ているとこんな質問を見かけます。

結論から言うと、自営業でも審査に通れば問題ないです。

では、なぜそう思われてしまうのでしょう。

その理由として、デンタルローンなどの用途を限定した融資なので事業目的には利用できないことが挙げられます。

そのほかに審査ポイントとして重要視される「安定した収入」と言う部分が自営業の場合、どうしてもばらつきが出てしまう、営業期間が短いと「安定している」と判断される可能性があること、一定以上の金額になると収入証明を求められることがあることが挙げられます。

歯列矯正など高額な費用がすぐに用意できない時に利用するデンタルローンですが、利用するには審査に通る必要があります。

健康に関するローンだし審査基準は甘いんじゃないかと気になりますよね。

率直な話、他の住宅ローンや自動車ローンと基準はあまり変わらないようです。

特に重視されている部分がローンなので毎月の返済額が問題ないかを判断するための安定した収入が定期的にあるかの部分です。

専業主婦の場合は、旦那さん名義で申し込む、または、親族などの保証人が必要になる事があります。

ご利用を考えている場合は、担当者の方に色々聞いてみてください。

歯科治療をするときに利用するデンタルローンをはじめとした使い方が決まっているローンの審査が厳しいらしいと知り合いから聞いたことあるけど、本当?契約社員だけど大丈夫?という質問をネット上で見たことがあります。

どんな部分を見てローン審査しているのでしょうか。

①安定した収入(職業) ②年齢 ③金融事故を起こしていないかという3点が主に見られます。

未成年の場合は、名義人が親である必要が出てきます。

また、借入する人が計画的に返済できる能力があるのか過去のローンや携帯料金などの支払い状況を確認されます。

歯医者に行った時に、「抜け歯の治療するなら・・」とデンタルローンを提案されたことってありませんか?デンタルローンの意味は、用途が「歯科治療」のみに絞ったローン制度です。

細かい部分は違いますが、仕組みとしては「住宅ローン」や「自動車ローン」同じようにイメージしていただくのがわかりやすいと思います。

では、審査申込時に確認しておくべき情報を整理しましょう。

①パンフレットなどの治療費がわかる書類、②安定・継続した収入(会社員、公務員ならほぼ気にしないでいいと思います。

これらの情報がローン審査の合否に深く関わります。

ufjなど様々なクレジットカード会社が行なっている デンタルローンですがその内容について詳しい人は少ないと思います。

歯医者で保険適用外の治療が必要になった際に、高額な費用がかかることを言われた。

そんな時に便利なのがデンタルローンです。

感覚としては住宅ローンや自動車ローンの歯科治療専用バージョンと思ってもらえばOKです。

クレジットカードの分割払いよりも低金利で利用できます。

クレジットカードとは違い、新たにローンを組むので審査が必要になります。

自分に必要な条件にあったローンを探しましょう。

引用:スルガ銀行デンタルローン審査は厳しい?低金利の借り方の流れ