消費者金融規制緩和になると現在とどのように変わるか比較してみましょう

消費者金融規制緩和すると現在とどのように変わるかを比較してみましょう。
2010年施行の貸金業法によって、消費者金融は総量規制と最高金利20%に従うことになりました。
その結果過払い金請求により、救われた借り手もいますが、体力を奪われ破綻に追い込まれた業者も出ました。
総量規制は、無謀な多重債務にブレーキをかける役割がありますが、銀行からの融資を受けにくい中小零細企業や個人事業主に取ってはより、資金繰りを難しくして事業が苦しくなる現象が起きてしまいました。
銀行からの融資が無理な場合は、消費者金融などの借りやすい業者に頼らざるを得ない一面もあるのですから、2010年の改正を規制緩和で改善しようと言う方向に動いてきたのです。
総量規制対象外消費者金融